脂漏性フケはカビ菌が原因!マセラチア菌の対処法とは?

気がついたら頭皮からパラパラこなっぽいものが落ちてきて、肩に積もってしまってる…
なんてこと、ありませんか?
実は日本人の二人に一人はフケに悩んでいるといいます。
そのフケの原因、実は菌が原因かも!?
フケの原因は一体なんなのでしょうか?

フケの種類で原因は違う!特にしつこいそのフケは…??

フケはひとくくりにされがちですが、実はその正体は二種類あり、乾燥性のフケと脂漏性のフケに分かれます。
乾燥性のフケは季節の変わり目や乾燥した空気など、環境によって左右され、今はなんともなくても明日に発生するかもしれない、
誰しもが起こり得るフケです。
この解決は比較的簡単で、頭皮をしっかり保湿してあげることと、アミノ酸系シャンプーなど優しいシャンプーで洗うことで
大部分が改善できます。
次に脂漏性のフケ。
脂漏性のフケの特徴は大きく、ベタベタしたかさぶたのようなフケで、見た目にも目立ちますし、匂いやかゆみも激しく、かなり支障をきたします。
脂漏性のフケは主に頭皮の油汚れが原因なのですが、実はそれだけでは発生しません。
では、脂漏性のフケの本当の原因はなんなのでしょうか??

スポンサーリンク

脂漏性フケはカビ菌が原因!

脂漏性のフケは頭皮に分泌された皮脂を餌にする『マセラチア菌』と呼ばれるカビ菌が原因になります。
この菌は常在菌の一種で、健康的な人間には存在することが多く、基本的には害はありません。
しかし、なんらかの原因で頭皮から皮脂が過剰分泌されると餌が豊富になるので異常増殖してしまいます。
マセラチア菌が以上増殖するとその糞や死骸、精製されたタンパク質などが原因でフケや皮膚炎を起こします。
また、作られたタンパク質と泡が反応するとアレルギーの原因になったり、アトピー性皮膚炎の原因になることも近年の研究結果でわかってきました。
色々な原因になるマセラチア菌ですが、どうすることもできないのでしょうか?

皮膚トラブルの元、マセラチア菌の対処は?

マセラチア菌は上でも述べましたが常在菌の一種ですので基本的にはどうすることもできません。
しかし、その数を増やさなければ特に問題なく、日常を過ごせます。
つまり、増殖の原因である頭皮の皮脂を増やさないことが鍵になるのです!!
まずはしっかり頭皮を清潔に保つこと。
洗い残しはもちろんですが、意外と多いのがゆすぎ残し。
美容師さんは「シャンプーと同じだけゆすぐ」という考えを持っています。
こうすることで頭皮にシャンプーやリンスを残さないようにしてしているのです。
また、ストレスや偏食もNG。
ストレス因子が増えると、男性ホルモンの分泌が激しくなり、女性ホルモンの分泌を追い越します。
そうすると皮脂の分泌が過剰になります。
他に偏食などは食事によって脂が多いものばかり食べているとどうしても油分が多くなります。
脂っこいものはほどほどに。

くどいようですが、マセラチア菌は頭皮の常在菌

常在菌は基本的には共生関係にあり、完全になくしてしまうのもよくありません。
バランスの良い食事と適度なリラックス、キチンとしたシャンプーで頭皮を清潔に保ち、菌を増やさないことを心がけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加