乾燥フケが出てしまった!皮脂不足の原因と対処法とは?

角質層が剥がれて落ちることによって目に見えるようになるのがフケで、特に頭皮から発生したもののことを指します。
この「フケ」はその性質によって、乾燥性のフケと脂性のフケの二種類に分けられます。

特に姿勢フケはその原因がカビ菌であることから問題視されることが多いのですが、乾燥性フケも頭皮トラブルの重要なサインなのです。
乾燥フケのその裏に隠された頭皮の状態は一体どのようになっているのでしょうか?

乾燥フケってどんな状態?

乾燥性のフケは読んで字のごとく、乾燥肌に起きるフケ症のことを指します。
なんらかの原因により頭皮から皮脂が不足し、ポロポロと細い耳垢のようなこなが落ちるのが特徴です。

この「皮脂不足」がじつは問題で、皮脂は一定量分泌されることによって頭皮のph値を一定に保ったり、外界の刺激から皮膚を守るバリアー機能を担っております。

その皮脂が不足するということはバリアー機能が損なわれ、phを弱酸性に保つことができず、非常に敏感な状態になります。
つまり、乾燥性のフケが出るということは頭皮が敏感でダメージを受けやすい状態になっているというサインなのです。

スポンサーリンク

乾燥フケが起きるその原因は?

脂漏性のフケは主に洗浄不足やストレスによるホルモンバランスの崩れなどがあられますが、乾燥性のフケは一体どのような原因なのでしょうか?

まず一つは、過剰な洗浄が挙げられます。
一般的にドラッグストアなどで売られているシャンプーは石油由来の高級アルコールと呼ばれる洗浄剤が基剤に使われます。
この高級アルコールは洗浄力が強いことが特徴なのですが、その反面、必要な皮脂を落としてしまうことがデメリットとしてあげられます。

特に乾燥肌の方が使用してしまうとただでさえ敏感な状態に刺激の強いシャンプーを使ってしまうので、ひどい場合には皮膚炎を起こす原因にもなりかねません。
どうしても市販のシャンプーでスッキリ落としたい!!という方は、使用後に頭皮用の化粧水などでしっかりと水分補給を心がけてください。

次に考えられる原因は、皮膚が混合肌であるということ。
この場合は少し厄介なのですが、乾燥、脂漏性どちらかの頭皮状態だったところに頭皮環境が別性質を持ってしまうことでおきます。
乾燥、脂漏、乾燥…と繰り返して角質層がまるで地層のようになり、その間に菌が繁殖してフケや皮膚炎の原因になります。

この場合は自分での判断はなかなか難しいのですが、まずは一刻も早い洗浄が必要になります。
美容室での頭皮ケア専用のシャンプー剤を使ったり、皮膚科での診断がおすすめです。

乾燥フケはいつでも起こる!日々のケアを忘れずに。

乾燥性のフケ症は脂漏性のフケと違って、屋内で常にエアコンがかかっている場所に毎日長時間いたり、季節の変わり目だったりと、環境によって発症することがあります。
今フケが出ていないからと油断していてもじつはその生活環境が少しづつ頭皮にストレスを与えているかもしれません。

突然老け症を発症しないようにしっかりと自分にあったシャンプー選びや、空気の湿度管理など、少しでもやってみるだけでだいぶ結果は変わってきます。
まずは簡単亜ことから予防をはじめてみませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加