フケの原因菌って何?マセラチア菌のフケ対策とは?

「フケ」と一言で言ってもその種類は実は二種類あり、多くの人がその二つを混同して考えています。
大きく分けて乾燥性フケと脂漏性フケ。
特に脂漏性のフケはその原因は根深く、大きな要因はカビ菌にあります。
フケの正体のカビ菌とは一体どういう物なのでしょうか。

多くの人間が持っている常在菌!

人間の体には様々な菌が住んでいていろいろな働きをしています。
しかし、常在菌は勘違いされやすいのですが、「多くの健康な人が持っている菌」であって、「必ず人が持っている菌」ではないということです。
そしてその多くは健康に影響を与えず、人間の食事からエネルギーをとって消化を助けたり病原菌が体内に入ってきた場合は攻撃したりと
いわゆる共生関係にある物がほとんどです。
そして頭皮にもこの常在菌はもちろん存在し、フケの原因になるカビ菌もその一つ。
その名もマセラチア菌。
常に頭皮にいるので基本的には何の影響もないのですが、皮脂の分泌量が多くなるとマセラチア菌は異常増殖します。
マセラチア菌が増えるとその糞や死骸が増え、頭皮に炎症を起こす原因にもなります。
そして炎症を起こすと痒くなって掻いてしまい、また炎症を起こす…といった悪循環が生まれます。
他に、炎症を起こしてしまうとKAP5と呼ばれる炎症抑制因子が分泌され雨のですが、このKAP5は髪の毛の成長因子を阻害してしまうので
どんどん髪の毛が薄くなる原因にもなります。
マセラチア菌の増殖は様々なところに影響を与えてしまうので注意しましょう。

スポンサーリンク

どうすればいい??菌によるフケの対策!

マセラチア菌によるフケの対策はとてもシンプル。
上でも述べましたが、マセラチア菌は常在菌ですので基本的にはなくすことはあまり考えないほうが良いでしょう。
つまり、異常増殖させないこと。
その方法は頭皮の油分を出しすぎないことが第一であり、すべてです。
まずはしっかりシャンプーで頭皮を洗うこと。
ほとんどの方がシャンプーで髪を洗う意識ですが、本来の目的は頭皮を洗うことが重要です。
かといって過剰な洗浄もNGなので、アミノ酸系のシャンプーで優しくしっかり洗うことを心がけましょう。
そして夜にシャンプーをすること。
外出すると空気中のチリや排気ガスなどで頭皮も髪も汚れ、その汚れから身を守るために保護の役割で皮脂が分泌されます。
それを長い時間置いておくと過酸化脂質担ってそれもマセラチア菌の餌になります。
その日の汚れはその日のうちに。
そして大切なのはsブラを摂取しすぎないこと。
最近は食事も欧米化で脂分を取ることが増えましたが、やはり理想は和食のように油分が少ない食事が良いでしょう。
とてもシンプルですが、食事の影響はかなり大きいので改善していくことを強くお勧めします。

常在菌は怖くない!!

マセラチア菌は異常に増えるとフケの原因になったりアトピーの原因になったりと比較的タチが悪いのですが、ほとんどの人が持っている菌なのです。
そしてほとんどの人がなんのトラブルもなく生活している。
ということは、マセラチア菌は基本的には何の悪さもするつもありはありません。
大事なのは頭皮を清潔に保ち、きちんと食事をとり、体も頭皮も健康でいること。
そうすればマセラチア菌を含むすべての常在菌はなにも怖くありません!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加